THE DECADENCE はかつての悪習に疑問を投げかけた作品だ。14世紀後半から20世紀半ばまでの長い期間、女性はコルセットを着用するのが常であった。細いウェストは美しさの象徴であり、ウェストを細くするために外科手術であばら骨を切除する女性もいたという。また、コルセットは強引に身体を締め付けるため、骨格の変形を引き起こし、様々な病気の要因ともなった。
女性の社会進出とともにこれらの悪習は姿を消し、現在では趣味性の強い衣服の一つとして存在している。
このTHE DECADENCEでは、ウエストを細く見せるためのコルセット及びヒップラインを強調するために着用されていたペチコートを水で溶ける素材で制作し、溶けてなくなる様を「かつての悪習の退廃」をイメージして、その経過を撮影した。


‘DECADENCE’ interrogates the folly of ancient custom. It was usual for women to wear corsets from the 14th century to the mid 20th century. Thin waists were symbolic of female beauty and some women surgically removed their ribs in order to create thinner waists. In addition, corsets were factors in causing illnesses because the tightly worn garments forced their bodies and figures to change.
Corsets have almost disappeared reflecting women’s empowerment in society and they exist only as fetish or sexual fashion items for some women.
Here, corsets and petticoats for the hip lines were created with a water-soluble material. I was inspired by the garments of the decadent folly of ancient custom. The shooting team recorded the process of it disintegrating.


Photographer : Yukie Miyazaki
Hair&Make up : Kumiko Nagaoka
Costume : Chiaki Shimizu
Location : Tokyo
Year : 2014