ARABESQUE は、イスラム美術に多く見られる模様のことである。アラベスク柄は、世界の秩序を支配する原理を表現したとされる。複雑に入り組んだ幾何学模様が象徴的であるこの柄は、イスラム建築の壁面などに多く見られる。2010年、インドを旅行した際に、タージマハルなど多くのイスラム建築に魅せられ、この様式美を衣服に表現したいと考えた。そして出来上がった衣服がARABESQUEである。アラベスク模様で切り抜かれた扉や建具は地面に美しい陰影を落とす。ARABESQUEでは、その切り抜きを袖に表現し、模様の影が腕に落ちるように制作した。また、スカート部分には、シルクスクリーンで柄をプリントした上にスモッキングをし、イスラム建築の表面に施された彫刻を表現した。


‘ARABESQUE’ is the pattern seen on mosque walls. It is said that the patterns represent the universe. When I saw tiles with those patterns in a mosque for the first time, I was fascinated by their delicacy and magnificence.
Here, I have tried to express the beauty of arabesque with my collection. To give depth, I have cut out fabric and fake leather in arabesque patterns using a laser cutter. In addition, I have used smocking to recreate the patterned surface of mosque walls. I have also used symmetrical designs, which are particular in arabesque patterns, as one of the elements for the garments.


Photographer : Yukie Miyazaki
Hair&Make up : Kumiko Nagaoka
Costume : Chiaki Shimizu
Location : Tokyo
Year : 2013